電子書籍の購入先はhontoを使うことが多い

hontoとは

紙の本と電子書籍を販売する通販サイトです。大日本印刷が運営会社です。 

 Amazonにおける本カテゴリとKindleが合わさったり、楽天市場内の楽天ブックスのような存在です。

本に特化しています。

さらなる特徴としては、ジュンク堂丸善文教堂の実店舗と在庫やポイント制度が連動しています。

また、紙の本は3000円以上で送料無料となります。ある程度本を購入する、本好きの人に向いた通販サイトと言えると思います。

hontoの電子書籍Kindlekoboのような愛称は付いておらず、ただhontoの電子書籍と呼称されます。

本記事では、hontoとKindlekoboを比較して考えていきます。

 

価格面をkindlekoboと比べて

hontoは、どの本でも○○%オフ、特定の出版社の本が一括購入で○○%オフなどのクーポンが出ることが多いです。

普段から、買いたい本読みたい本がたくさんあってリストを作っているような人は安く買える機会が多いと思います。

AmazonKindleは特定の本がセールで安くなったりするので、今すぐ欲しい本は特にないけれどなにか面白い本を探している方、楽天ブックスkobo楽天経済圏を活用している方に向いていると思います。

私はある程度電子書籍を購入するので、この価格面からまずhontoをメインで利用しています。

PC(Mac)で読む場合

私の場合は、androidスマホiPad miniなどのアプリで読むことも多いですが、PCの大画面(24インチ1920×1200)で見ることも多いです。老眼です。

スマホのアプリはhontoはKindlekoboのアプリと比べて大差ないと感じています。

 

まず、koboにはブラウザビューア機能がありませんが、hontoとKindleにはあります。ブラウザビューアには対応していない電子書籍もけっこうあり、文字だけの電子書籍は読めない傾向が強いようです。

 

3者とも、PC(Mac)用の独立したデスクトップアプリがあります。私はMacのみでwindows環境がないのでMac環境のことを書きます。

 

Kindleは、ダウンロードしたファイルの保存先を指定できます。hontoとkoboはユーザーホルダの不可視ライブラリの中に自動的に保存され、場所は変更できません。よって、ある程度の冊数をダウンロードする場合はPC本体のHDDまたはSSDの容量が必要になります。

 

PCの大画面で漫画を表示した場合、漫画雑誌よりも大きい画像になりますが、3者とも特に引き伸ばされた感じはありません。

 

ファイルのダウンロード速度はhontoが一番速く、次いでkobo、だいぶ遅れてKindleになります。Kindleは全体的にアプリの挙動がもっさりしています。

 

hontoのデスクトップアプリは、一部ファイル形式により見ることができない本があります。これはMacだけの事情のようです。

本棚機能で蔵書管理

hontoにはKindlekoboと同様に、購入した電子書籍を一覧できるライブラリ機能があります。

さらにhontoの場合は、紙の本を購入した場合もその一覧表示に自動的に追加され、管理することができます。「My本棚」機能です。

紙の本の購入は、ジュンク堂などの実店舗を利用してポイントカードを通して購入した場合も自動的にMy本棚に登録されます。

 

このMy本棚の本は、hontoのwebサイトの該当の書籍のページから手動で登録したり削除することも可能です。

つまり、Kindlekoboで購入した電子書籍、他の実店舗で購入した紙の本を一括して管理することが可能です。

簡易的な蔵書管理機能と言えると思います。複雑なことはできませんが、蔵書リストをいつでも参照できるのはとてもありがたいです。webサイトにログインした場合とhonto withというスマホアプリでも確認できます。

私の場合は、既存の蔵書やスキャンして電子化した本、また、図書館で読んだ本なども登録しています。カテゴリ(テーマ棚)で分類できる機能はあるので、例えば「Kindle」「図書館」などで分類しています。

 

さいごに

私の場合、電子書籍はhonto70%kobo15%、Kindleその他を合わせて15%というような冊数です。1つのところで購入される方も多いでしょうが、色々使ってみたかったのでこの様になりました。

どうしても専用端末で読みたいという場合などはHontoは向きませんが、スマホなどで見る場合は複数のアプリを使い分けることができるので、けっきょくタイミングよく安く買えるところで揃えるのが効率が良いのではないかと思っています。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!