読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫禅堂の日々

読んだものや買ったものについて思うことなど。

逆説の日本史 別巻3 ニッポン[三大]紀行

 

ずいぶん前、文庫で逆説の日本史シリーズを読んでいました。

5巻まで読んでいたと思います。

5巻の発行が1999年なので、本当にかなり前になります。

 

現在、逆説の日本史シリーズは22巻の明治維新編まで刊行。

20巻まで文庫化。

19巻まで電子書籍化されています。

 

去年の暮に、何か読むものを探しているときに目に入り、久しぶりに読んでみようかと電子書籍版の18巻を購入しました。

幕末年代史編の1です。

その後、19巻の幕末年代史編2も続けて購入して、面白く読みました。

 

逆説の日本史シリーズの良いところは、1冊読むだけで違った見方の日本史を楽しめるところだと思います。

幕末年代史編の電子書籍化に追いついてしまったので、ほかに何かと思ってたどり着いたのがこの別巻3。これも電子書籍で購入。

でもこの本は下のタイトルで出た、逆説の日本史シリーズとはあまり関係がない本を改題・改稿したものだったのです。

日本人の心をとらえる3の霊力に迫る

 

意外と読めてしまいました。

私が読んでいないシリーズの中盤以降に関連する話題や、記憶の彼方にある文庫で読んだ内容にリンクするところなど。

読んで損はしないけれど、逆説の日本史シリーズだと思って読むと少し物足りない感じです。