読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫禅堂の日々

読んだものや買ったものについて思うことなど。

TK-FBP044BK

メインのPCはMacを使っています。他にもWindowsなどを使っています。

複数台のPCを使っている場合、それぞれにキーボードを繋いでおくと場所を取るしいちいち物理的なキーボードの位置を入れ替えないと使えないしで、けっこう面倒です。

そのため、キーボードは1台で切り替えて使えるこれを使っています。

メインのPCにはUSBで有線接続しています。

Bluetooth接続でその他のPCやタブレットなどを登録しておいてキー操作で簡単に切り替えられるので便利です。

 

Chromeリモートデスクトップで遠隔操作する場合は操作元のキーボードが使えるので切り替える必要はないのですが、やはり少し遅延が発生するので、長い文章を打つときや設定を変えるときなどはChromeリモートデスクトップ接続状態でキーボードだけ切り替えて使っています。

キートップの印刷はWindows用をベースに、一部にMac用のものも印刷されています。また、設定時にWindowsMac用の入力モードを記憶させておくことができます。

打鍵感は、悪くはないが特別良くもないといったところです。

 

Bluetooth接続時には、勝手に同じ文字を入力してしまういわゆるチャタリングという現象がときどき発生します。

メインのPCのUSB接続では発生しないので、我慢できる範囲です。Bluetoothキーボードにはつきものの不具合のようです。

Bluetooth接続だけで使う場合は電池を入れる必要があるのですが、USB接続しておくとそこから電源を取ってBluetooth接続機能も使えます。

 

4年ほど使って、よく使うキートップの印刷が剥げてきたので、そろそろ買い替えてもいいかもしれないと思いamazonで調べてみました。

同じ機種はすでに生産が終了していて、しかも、けっこうなプレミア価格が付いています。私は秋葉原ソフマップの店頭で2000円ぐらいで買ったように記憶しています。

商品レビューを読んだり、同等の性能を持つキーボードはないかと検索してみたところ、どうやら後継と言えるキーボードが無いようです。

キーボードの動作自体には問題はないので、当面これを大事に使おうと思っています。また、100均でシールを買ってきてキートップに貼ってみようかと思っています。