猫禅堂の日々

読んだものや買ったものについて思うことなど。

悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲

悪魔のいけにえには2や3があるらしいのですが、私は未視聴です。

この作品は、オリジナルの直後からストーリーがつながる、

本当の続編ということなのかもしれません。

 

オリジナルのラスト、

ヒロインがレザーフェイスから逃げ延びた直後、

あの一家は近隣の人々の手によって、

家ごと焼き討ちに遭い、皆殺しにされます。

 

正確には、

赤ん坊が1人と、レザーフェイスが密かに生き残ってしまいます。

 

赤ん坊は、焼き討ちをかけた人々のうちの子供が居ない夫婦の養女に。

レザーフェイスは、赤ん坊の祖母(別の家に住んでいる)に匿われてひっそりと。

 

20年後。

 

成長した赤ん坊・ヘザーと、レザーフェイスが、

焼き討ち首謀者の市長を殺して復讐を遂げてしまいます。

 

心情的にはなんとなく納得がいかないラストに思えるのですが、

あの一家が実はその土地の名族であり、

さまざまな争いのすえあの焼き討ちを食らったと考えると

多少は腑に落ちる、という気もします。

 

あの一家が、似たような残虐なことをやっていた市長一家に遂にやられた、敗れた。

市長一家も自分の農場で私刑を行っていた、と取れる描写もありますし。